防災避難誘導訓練を行いました

 10月4日(金)6時限に,下妻消防署石下分署の全面的なご協力のもと,避難訓練を行いました。ホームルーム単位でなく,授業中に地震があった,という想定でした。教室では事前に「震度6強の揺れでは這わないと動くことができない」「固定していない重い家具のほとんどが移動・転倒している」などの説明がありました。

 地震の後に火災が発生したとの想定で,生徒全員が体育館に避難しました。
 その後,3年次生が体育館でスモークマシンを使った煙道訓練を行いました。



スモークマシン体験後の,下妻消防署松田様からの講評では,「一番怖いのは煙を吸って亡くなることだ」との話がありました。

最後に,校長先生から講話をいただきました。


 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立石下紫峰高等学校