自由選択科目「測量」でドローンの操作を学びました

 10月17日(木),3年次生の自由選択科目「測量」において,株式会社「新星コンサルタント」職員の方々のご指導の下,3年次生がドローン(無人航空機UAV:Unmanned aerial vehicle)の操作法を学びました。
 プロポ(コントローラー)の基本的な操作方法を学び,実際に前後左右の移動・旋回・八の字飛行を操作してみました。
 「ドローンは映像作品の撮影だけでなく,災害時の被害状況の調査,山中での遭難者や不明者の捜索,物資の運搬など,色々な産業への活用が期待される」とのお話がありました。


目測だけで目標物の上空に到達できるか,2チームに分かれて勝負をしました。





一番うまく操作できたのは,3年次主任の大和田教諭でした?!

柴山校長もドローン操作に特別参加!

脇からドローンの動きを見守る生徒たち


みんなで記念撮影しました。

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立石下紫峰高等学校