2年次生が救命講習会を受講しました

 6/19(水)定期考査3日目の午後,2年次生27名が,応急手当についての講習「普通救命講習会」を受講しました。下妻消防署石下分署の消防員,常総市の応急手当ボランティア指導員,常総市女性消防団の方々から,胸骨圧迫(心臓マッサージ)の仕方やAEDの使い方,回復体位などについて実技講習を受けました。

 生徒たちみな真剣に,楽しく講習を受けていました。自分の命を大切にするとともに,万が一の時に他の命を救うことができる人でありたいものです。なお,修了者全員には「普通救命講習Ⅰ修了証」が授与され,調査署や推薦書に記載可能な「公的資格」となります。

 お世話になりました下妻消防署石下分署・常総市応急手当ボランティア指導員・女性消防団の皆様,大変ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 

 本校のAEDは,職員玄関及び体育館入口に設置しています。
 

 なお,茨城県では,緊急時にAEDを有効に活用できるよう,茨城県AED設置施設登録制度に登録されているAED設置施設の所在情報をホームページ(「いばらきデジタルまっぷ」)で公表しています。
 近隣では,県立高等学校,常総警察署や常総市役所,常総市役所石下庁舎,市立幼稚園・保育所・小中学校の他,JA常総ひかり各支店,企業では三菱マテリアル株式会社つくば製作所・キヤノンファインテックニスカ株式会社常総事業所などにAEDが設置され,いばらきデジタルマップに登録されています。
(常総市内公共施設におけるAEDの設置状況については,
http://www.city.joso.lg.jp/soshiki/somu/fm/kik06/gyomu/shisetsu/1464831452004.htmlを参照)

いばらきデジタルマップには未登録ですが,日本全国AEDマップ(https://aedm.jp/)に登録している施設も多数あります。本校近隣では,ケーズデンキ常総店,ウェルシア常総石下店,しば医院,やまと歯科クリニックなどが登録されています。

 もちろん,多くの病院にもAEDが設置されていますし,近年はドラッグストア,コンビニ,大規模商業施設などでも万一に備えてAEDを設置するところが多くなってきています。
 AEDを取りに行って戻ってくるまでの時間は,一般に5分以内が目安とされています。早ければ早いほど救命率が上がりますので,できるだけ早くAEDを取ってくるためにも,普段から自宅の近所でどこにあるかを把握しておくと良いですね。
 また,住んでいる地域だけでなく,通勤・通学経路,会社や学校などの建物内,さらにお出かけ先でもAEDが必要な場面に遭遇するかもしれません。現場近くのどこにAEDが設置されているかわからないという場合は,119番通報の際に教えてもらえることもあります。何をすればいいかわからないときでも,救急車とAEDが到着するまでにすべきことを教えてくれることもあるので,講習を受けたことが無い方でも,指示に従い胸骨圧迫などをして到着を待ちましょう。
 普段から,万一を想定してチェックしておきたいものです。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立石下紫峰高等学校