教職員が救急救命講習を受講しました

 生徒等の命に関わる事態にも冷静に対応できるようにするため,本校教職員が近くの下妻消防署石下分署の救急救命士等のご指導のもと,胸骨圧迫や自動体外式除細動器(AED)の使用法を学びました。





心肺蘇生法・AEDの使い方
1 倒れている人を発見
2 周囲の安全を確認
3 意識の有無を確認
4 応援を依頼「誰か来て下さい」
 応援1「あなたは119番通報をして下さい(救急車を呼んで下さい)」
 応援2「あなたはAEDを持って来て下さい」
   「完了したら戻って来て下さい」(胸骨圧迫を交代してください)
5 呼吸の有無を確認
6 胸骨圧迫
7 AEDが到着したら,電源を入れて指示に従う…
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立石下紫峰高等学校