トップページ > 学校案内> 校長挨拶、教育目標 

校長挨拶

学校長の写真 石下紫峰高校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。


 本校は,平成21年に上郷高等学校と石下高等学校の統合により誕生しました。「未来を拓く」を校訓に,「自分さがし」を追求する教育テーマとし,日々,教育活動を実践しています。平成27年には,茨城県教育委員会からアクティブスクールの指定を受け,基礎学力の定着とキャリア教育の充実を更に深化させ,生徒一人一人の自己実現をサポートする取組を実施しています。
 具体的には,1年次全員でのインターンシップ,2年次希望者によるデュアルシステム(1年間を通した就業体験),学校設定科目「ISベーシック」,「ISキャリアスタディ」など,基礎学力の定着とキャリア教育の充実に向けた様々な取組を実施しています。
 その他にも,(1)「少人数・習熟度別授業」の展開,(2)多種多様な自由選択科目の設定,(3)大学・専門学校,企業と連携した専門的な授業の展開,(4)部活タイプの授業「体験学習」,(5)二人担任制など,本校ならではのユニークな取組もあります。
 本年度は,これまでの取組で培った経験を生かし,本校の更なる飛躍に向け,そして,校訓である「未来を拓く」力の育成に向け,職員一同,取り組んでまいりますので,よろしくお願い致します。 
   
  令和2年4月
                                                                      校長 柴山 修二
 

教育目標

校訓「未来を拓く」の精神を汲み取り,社会に有為な人材の育成,地域から信頼される学校づくりを行うため,本校の教育目標(目指す学校像)を次の5項目とする。

(1)「心の教育」の充実に努め,人間としての在り方生き方の自覚を深め,豊かな人間性を育成する学校
(2)心身ともに健全な活力ある人間の育成を目指し,自主的活動を推進する学校
(3)多様な進路希望に対応し,一人一人が主体的な科目選択を通して自己の能力を伸ばし,自己実現を可能にする学校
(4)実践的・体験的な学習を積極的に取り入れ,適切な勤労観・職業観を育成し,社会の一員として活躍できる人間を育成できる学校
(5)保護者・地域社会との連携を深め,社会から信頼される開かれた学校

 

臨時休業挨拶(生徒へのメッセージ)



 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立石下紫峰高等学校